Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オーガニックの定義はあいまい?オーガニックって実際なに??

シェアする

結局オーガニックってどういう物なの?

オーガニック

オーガニックとは無農薬で化学肥料を使わずに有機栽培された食物、もしくはそれを使って作られた製品のことを言います。
製品に関してはJASの認証を受けた農産物にのみ、オーガニックと言う表記が認められていると言う事です。

有機栽培してると体にいいの?

実際無農薬、化学肥料自体体にいいものではないので自然に育ったものはとても体にいいイメージがありますね。
実際に調べたところ、野菜に関しては有機野菜の表記をする為には放射線物質や遺伝子組み換えが行われていないなどの条件が必要なので有機栽培と書いてある商品でJASの認証があればほとんど安全だと思っても大丈夫そうです。

成分や栄養価に関しては有機栽培されたものとそうでないものでは大きく違いが出るそうです。科学的に守らずにしっかりと自然の中で育てることによって抗酸化物質が多く含まれており、抗酸化物質には老化や病気の原因になる活性酵素を除去する働きがある為とても体にいいと言えると思います。

オーガニック化粧品はどうなの?

オーガニック自体体にいいものなので、肌にもとてもいいもであることは間違いないです。
しかし長い間科学化粧品を使っていた人がオーガニック化粧品に変えるとまず思うことは、効果がない!ですね。
これは自然由来の成分は即効性ではなくない為効果を実感するには少し継続して使わないといけません。

あとは化粧品すべてに言えることですが、入っている成分が自分の肌に合うものなのかを調べてから選びましょう。肌質やアレルギーなどがあれば逆に荒れてしまうこともありますので注意が必要です。

そして最後にオーガニックの表記は化粧品に関してはあいまいです。
商品の中にほんの少しでもオーガニック成分が入っていればオーガニックコスメと表記することができる為、商品自体をしっかり調べて購入することがおすすめです。

成分について調べています

当サイトではBBクリームやクレンジング等を出しているセパルフェついて、芸能人にも愛用者がおられるようなのですが、実際にその成分はどんなものなのか、危険はないのか、等調べています。
様々なサイトが化粧品について調べているので、ほしいものがあれば調べてみるといいかと思います。

ホームへ⇒

トップへ戻る