Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

食事制限ダイエットって危険?正しい方法を知ろう!

シェアする

危険な食事制限はだめ!!

即効性のあるダイエットとして一度はしたことがあるのではないでしょうか?

でも間違った食事制限ダイエットが起こす危険性をしっかり理解しておかなければ失敗、最悪体調を壊す恐れがあります。

正しい方法で行うようにしっかり理解しましょう。

食事制限の危険性とは!

怖い

食事制限ダイエットでよく言われるのが体調不良ですね。

原因は無理に食事制限をして体に必要な栄養素が不足してしまった為に肌荒れやめまい、倦怠感等様々な症状が出て、カルシウムが不足しすぎると骨密度が低下し折れてしまいます。

あとリバウンドですね。リバウンドというのは、食事制限によって筋肉に必要な栄養素も不足し以前よりも筋肉量が落ちてしまったことで起こります。

筋肉量が低下することで基礎代謝も一緒に低下してしまい、もともと日常生活で消費していたカロリーが消費できなくなり以前の量に戻したときに大きく太ってしまいます。

我慢することがストレスになり一度食べだすと大量に食べてしまい、以前より太ってしまうケースも多いです。

ホルモンバランスも崩れてしまいとても貧相な体になってしまう原因でもあります。やはり出るところはしっかり出ているメリハリのある体ってあこがれますよね。

そうなる為には食事制限をすることは真逆の効果を生んでしまいますので、リスクがある上に思った体にならないという最悪な状態になってしまう訳です。

正しい食事制限ってどうすればいいの?

疑問

まずやめるべき事は間食ですね。おやつやごはんとごはんの間で何かを食べてしまことが癖になってしまってる人はそこをまずやめなければなりません。

次にお酒やジュースを水、お茶等にかえましょう。微量だと思うかもしれませんが、1ヶ月通してカロリーを見てみると大きく無駄なカロリーになります。

栄養を偏って接種しないようにしましょう。ずっと同じものを食べる、米は絶対食べない等の偏る要素はなくしてまんべんなく栄養を取るようにしてください。

人は何を食べるかではなく何キロカロリー接種したかと基礎代謝によって太ったり痩せたりするわけなので、基礎代謝以下の摂取カロリーに抑えることを目標に制限して下さい。普段食べているものを半分の量にしてみる等の方法で制限することできっちり栄養を取りながら制限することができます。

無理をしてなにも食べないことは理想から離れてしまう原因です。

仕組みや原因を理解して正しい方法で食事制限していきましょう。

トップへ戻る