シミができるのは何故?しっかり知って予防しよう!

シェアする

夏にはしっかり日焼け止めしてるのにシミができてしまう。
夏の対策をしっかりしていてもなぜかできてしまうシミ、この原因を知っていますか?

知らなければ治せない!シミができる原因を調べてみました!

夏と冬の違い!

疑問
夏は紫外線が強く、日焼け止めをしていなければすぐに焼けてシミができてしまいますよね。

なのでやつは敏感に紫外線対策をしている方は多いと思います。

しかし冬はどうでしょうか?冬は夏に比べて紫外線の量が3分の1になっているので普段生活していても日差しが強いと感じることは少ないでしょう。

しかし紫外線は1年中必ず存在しています。

弱いから大丈夫なのではなく弱いからシミになるまでに時間がかかるのです。

秋から冬にかけて蓄積されたメラニンが春以降にシミになってしまうケースも珍しくない為、紫外線対策は1年中必須です。

どうすればいいの?

夏程しっかりする必要はないですが、服で守られていない顔には紫外線対策をしておくべきです。

しかしわざわざそのために1年中日焼け止めを塗るのは肌にとってもいい事ではありません。

そこで最近流行ってきているBBクリームを使う事をオススメします。

冬であればSPF30程度で十分です。心配な方はもっと高いものを使用すれば大丈夫です。

まとめ

男女
日焼け止めもBBクリームも様々な種類が出ている為、決めるのは難しいですよね。

だからって適当な商品を使っていたら肌に負担をかけ続ける可能性が出て来ます。

そこでしっかりと肌に良いものを使う為にも商品の成分を調べることは重要です。

そこで冬におすすめの注目商品を成分や機能性から選んでみましたので良ければ参考にどうぞ。

セパルフェレクタングル大

シェアする

セパルフェレクタングル大
トップへ戻る